図書室案内

概 要

図書室

この図書室は、租税制度、税務行政、税理士制度及び企業会計等に関する学術的調査研究に資するため、昭和62年3月に開設されました。

国内外の租税等に関する図書、判例、資料情報、統計及び雑誌などを備え、広く一般に無料で開放しています。

資料構成

資料は和洋併せて、図書資料が約21,000冊、大学紀要が約3,000冊、逐次刊行物が120種以上。

和書のうち税に関するものは約12,000冊、独自のT(Tax)分類表に基づいて法条・判例・改正等、租税法総論、通則法・徴収法、所得税、法人税、相続税・贈与税、間接税等、国際課税等、地方税、税理士等の10ブロックに分類しています。

税以外の資料は、会計学、憲法、行政法、民法、会社法、財政学の基本図書等、約7,000 冊を所蔵。

洋書はアメリカ、ドイツ、イギリス、フランス、アジアの国々を中心として約2,000冊を所蔵。

逐次刊行物は税務・会計関係を中心として法律、判例、商事、金融関係、税理士業界紙、団体会報等を受け入れ。

税務・会計の主要誌は創刊号、もしくは昭和37~38年頃まで遡ることができます。

洋雑誌はTax Notes, Tax Notes International等や判例集を含めて約20種受け入れています。

資料内容

昭和37~38年以降のものを主に所蔵しています。判例集については民集、刑集、行裁例集、訟務月報、高裁例集、税務訴訟資料等を第1巻から揃えており、判決年月日、項目、条文から検索できる検索書、また評釈、解説の索引書も揃えています。

法規集・通達集(昭和37・38年~)、改正税法のすべて(昭和38年~)、税調答申等(昭和36年頃~)、国税庁統計年報書(昭和28年~)、事務年報(昭和24年~)、全国路線価(平成15年~)を所蔵。

租税法学会年報、税法学会論文集、日本租税研究協会年報、税大論叢、裁決事例集、租税法の基本図書、租税刑法、雑誌記事索引書等が揃っています。
大学紀要は法学部、商学部を中心に70数大学を揃えています。

図書室