【九州北部】最近における消費税法の改正事項及び実務において注意すべき事項等

講座・セミナーお申込み

お申込みをご希望の方は、こちらをクリックしてください。1件ずつお申し込みください。

講座・セミナーお申込み
申込み状況 空席あり
受講料
賛助会員 6,000円(割引価格)
それ以外の方 10,000円

開講にあたって

【九州北部】最近における消費税法の改正事項及び実務において注意すべき事項等
研修内容

消費税は、特定の非課税取引を除くあらゆる取引を課税対象とする課税ベースの広い間接税として平成元年4月から適用されており、その基本的構造は現在までほとんど変更されていない。
このような現状においても、小規模事業者に係る納税義務の免除及び簡易課税制度の適用制限等に係る改正が行われており、これらの改正については税理士として事業者に対してアドバイスすることが数多くあるものと考えられる。
また、平成31年10月1日からは標準税率が10%になるとともに飲食料品の譲渡等については8%の軽減税率が適用されることから我が国の消費税も複数税率となり、それに対応するために仕入税額控除の仕組みが大幅に変更されることとなる。
そこで、本研修では最近における改正事項並びに実務において注意すべき事項及び軽減税率の導入に伴うインボイス方式に係る疑問点等について説明する。

テーマ
実務ゼミ

第1 最近における主な消費税法の改正事項
 1 平成30年度における主な改正事項
 2 平成29年度における主な改正事項
 3 小規模事業者に係る納税義務の免除の特例規定及び簡易課税制度の選択の特例等の改正
 4 国境を越える役務の提供に係る課税の見直し関係
 5 輸出物品販売場免税に係る改正
第2 軽減税率制度及び仕入税額控除の方式等の改正
 1 軽減税率制度の導入
 2 仕入税額控除の方式等の改正
 3 インボイス方式の導入
 4 売上げに係る税額及び仕入れに係る税額の計算方法の改正
 5 簡易課税制度のみなし仕入率の改正

備 考

●注意事項●
【1】申込後、自動返信メールが送信されます。メールアドレスが間違っていると、メールが届きませんのでご注意ください。メールが届かない場合は当センター事務局までご連絡ください。
【2】当センター賛助会員のうち会員種別が普通会員・特別会員・法人会員は割引価格で受講申込いただけます(法人会員は2名まで)。
【3】受講料は、申込後1週間以内にお振込みください。その際の振込手数料はご負担願います。
【4】受講料は口座振込のため、別途領収書は発行しておりませんのでご了承ください。
【5】受講票は、入金確認後にE-mailにて送付いたします。
【6】キャンセルのご連絡は、開催日の1週間前までにお願いいたします。
【7】テキストは、ゼミ当日に受講票と引き換えに1部配布いたします。販売等は行っておりません。
【8】ゼミをご欠席された場合、受講認定はされません。また、後日テキストと音声データCDを送付いたします。
【9】申込者が出席できない場合、代理出席者の受講が可能です。この場合、上記8は適用されません。
【10】都合により講師・内容等の変更があり得る事をご承知おきください。
【11】講座の進行を妨げたり、他の受講者の迷惑となる行為があった場合(過去を含む)には、受講をお断りする場合がございます。
【12】ご不明な点や申込書のご請求はセミナー係(03-5435-0912)までご連絡ください。

講師紹介

講師紹介

和氣 光 税理士

昭和24年生まれ。国税庁消費税課課長補佐、東京国税局川崎南税務署副署長、税務大学校研究部教授、東京国税局調査第1部特別国税調査官、東京国税局麻布税務署副署長、東京国税局課税第2部統括国税調査官、東京国税局消費税課長、東京国税局町田税務署長、東京国税局豊島税務署長を経て平成21年7月退官。現在税理士、東京税理士会相談員(消費税担当)として活躍中。

参加要領

会 場 九州北部税理士会館 2階会議室
JR博多駅新幹線(筑紫口)より徒歩10分
日 程 平成30年9月20日(木)13:00~17:00
定 員 100名
研修時間 4時間認定いたします。
受講資格 どなたでも受講いただけます。
共 催 九州北部税理士会
講座・セミナーお申込み

お申込みをご希望の方は、こちらをクリックしてください。1件ずつお申し込みください。

講座・セミナーお申込み
申込み状況 空席あり
受講料
賛助会員 6,000円(割引価格)
それ以外の方 10,000円